解体寸前に権力を手にしたナチス/『独裁者は30日で生まれた ヒトラー政権誕生の真相』

国際

 一九三三年一月一日、ドイツの有力紙フランクフルト新聞は新年の社説で「民主的国家に対するナチ党の強烈な攻撃は撃退された」と書いた。前年七月の選挙で二百三十議席を獲得し第一党となったナチ党だったが、十一月の選挙では二百万票を減らしていた。二回の選挙で党の資金は枯渇し、有力幹部の造反と突撃隊の反乱が相次ぎナチ党は解体の危機に瀕していた。が、一月三十日、ヒトラーは首相の座につく。一体なにが起こったのか?

 アメリカの歴史学者による本書(原著は一九九六年刊行)は、厳密な資料調査に基づき、物語形式でこの三十日間を辿る。

...

記事全文を読む