大名がほれ込んだ絶景海岸 旅行ライターが明かす絶景旅行ガイド 九州編

旅・街歩き週刊新潮 2015年8月13・20日夏季特大号掲載

 旅行ライターの高田京子氏がオススメする「気軽に行ける秘境」ガイド。北海道、本州北部、静岡、四国編にひき続いて、最後はかの大名がほれ込んだ九州の絶景秘境を紹介してもらおう。

■島津光久公が命名

 最後にご紹介するのは、真夏が似合う南の島の絶景。鹿児島県・薩摩半島の西の沖合、約30キロに浮かぶ甑島(こしきしま)列島だ。北東から南西へ、上甑島、中甑島、下甑島の3島が細長く連なり、上甑と中甑は2つの橋で結ばれている。甑島は今は海中に沈んでいるかつての山脈の頂上が海面上に残ったものと言われ、急峻な地形で平地が少ないのが特徴。

...

記事全文を読む