「ホリエモン」にツイッターで噛みついた人気ラーメン店主のこんな言い分

IT・科学週刊新潮 2015年6月25日風待月増大号 掲載

 深夜に及んだ取引先との会合を終え、駅前の見慣れた暖簾をくぐる。“ヘいっ、お待ち!”の声と共に差し出される〆の一杯。サラリーマンにとって至福の瞬間である。一方、ホリエモンこと堀江貴文氏(42)のツイッター上では、そんな酔客からの人気も高いラーメン店を巡って、湯気が立ち上るような熱い舌戦が繰り広げられていた。

 ***

 濃厚な豚骨スープが太麺に絡む、家系ラーメンがウリの「笑(しょう)の家(や)」は東京・南麻布の有名店。今月11日未明、その店主がホリエモンに噛みついたことで、ネット上は騒然となった。

...

記事全文を読む