完璧に胃がんを探し出せるのは「胃カメラ」か「バリウム」か

ライフ週刊新潮 2015年6月11日号掲載

 今井雅之の死の衝撃が覚めやらぬ翌5月29日、今度は漫才コンビ『今いくよ・くるよ』のいくよの訃報が巷に流れた。享年67。昨年9月、胃がんが見つかったが、すでに末期の状態だった。彼女もがん検診を受けたことがなかったという。胃がんも早期発見・治療で完治できるだけに、その死は惜しまれる。胃がん検査には「胃カメラ」と「バリウム検査」があるが、では病巣を完璧に探し出すには、どちらが有用なのか。

 ***

「多少、検査に苦痛はあっても、胃カメラの方が直接、胃の内部を観察できるから、圧倒的に優れている」

...

記事全文を読む