自殺者が後を絶たない過酷な中国「大学入試」

中国週刊新潮 2015年5月7・14日ゴールデンウイーク特大号掲載

「中国の学校、恐怖の試験を前に“自殺防止”フェンスを導入」と英テレグラフ紙が報じた。6月に行われる中国の全国統一大学入学試験“高考”を前に、自殺者の相次ぐ河北省の進学校、衡水第二高校がバルコニーを刑務所のような鉄柵で囲ったというのだ。中国の入試ってそんなに厳しいの?

「較べものにならないですよ。なにせ科挙の国ですし、一人っ子政策で親の期待も尋常ではないですから」

 とは、拓殖大学教授の富坂聰氏。

「昨年の“高考”は、日本のセンター試験受験者数の18倍以上、約980万人が受験。

...

記事全文を読む