まさかの乳酸菌ゼロ! 荒れ果てた「週刊新潮」記者4名の「腸内フローラ」をどうする?

食・暮らし週刊新潮 2015年5月7・14日ゴールデンウイーク特大号掲載

 健康に多大な影響を及ぼすことで注目を集める「腸内フローラ」は、大腸に棲みつく100兆個もの細菌群を“お花畑”に見立てた呼称である。今回、年代の異なる本誌記者が、自身のフローラ検査を試みた。すると、驚き呆れるばかりの結果がもたらされ……。

 ***

 人間の大腸内には大別して善玉菌、悪玉菌、そしてどちらにも転じ得る日和見(ひよりみ)菌の3種が棲息。ざっと1000種類ともいわれるその“花畑”の顔ぶれは、おおむね離乳後には決まってしまい、以降は、それらが織りなすフローラの比率によって、体調はおろか疾病のリスクも左右されることになる。

...

記事全文を読む