「キムタク」VS「堺雅人」 勝敗を分けたのはサービス精神か

芸能週刊新潮 2015年4月30日号掲載

 この数年、人気俳優を起用しただけでは、視聴率の取れるドラマを作るのは難しいと言われる。その中でも木村拓哉と堺雅人は、確実に数字が取れる男。そのため、今期はキムタク主演の『アイムホーム』(テレ朝木曜21時)と堺主演の『Dr.倫太郎』(日テレ水曜22時)、新旧“視聴率男”の対決が最も注目されている。しかも、それぞれ、テレ朝、日テレの連ドラ初主演だが、

「今回キムタクが演じるのは、バツイチの中年男性。実際、彼は身長も高くないし、よく見れば顔に皺も目立つ。これまでのカーレーサーや検事といったヒーロー役ではない、年相応の役を演じていることが、かえって新鮮でした」

...

記事全文を読む