引退がちらつく横綱「日馬富士」が準備万端「第二の人生」

スポーツ週刊新潮 2015年4月16日号掲載

 かつてこれほど“勉強熱心”な横綱がいただろうか。眼前には横綱・白鵬という高い壁が立ちはだかり、後ろからは逸ノ城や照ノ富士といった新鋭に激しく追い上げられている横綱・日馬富士(30)が熱心に励んでいるのは、土俵の外での“勉強”。「第二の人生」の準備に余念がないのである。

 ***

 最後の優勝は2013年の11月場所。以降、10勝5敗や11勝4敗といった成績が続いている日馬富士について、相撲評論家の中澤潔氏はこう話す。

「彼には横綱という地位は荷が重すぎた。

...

記事全文を読む