「金正恩」の目の上のたんこぶは「金正日」を看取った腹違いの姉

韓国・北朝鮮週刊新潮 2015年1月1・8日新年特大号掲載

 あの金正日総書記が死して丸3年。北朝鮮情勢に詳しい龍谷大学の李相哲教授が、新事実を突き止めた。当局の発表と違い、将軍様は長女の金雪松(キムソルソン)(39)の自宅で倒れたというのだ。実は、最近、彼女は金正恩第一書記(30)にとって“目の上のたんこぶ”になっていると指摘する声が出ている。

 ***

 金正日は、これまで現地指導に向かう「野戦列車」の中で倒れたことになっていた。しかし、実際は――。

 2011年12月16日。

 その日の午後、官邸にいた金正日のもとに正恩から電話が入った。

...

記事全文を読む