山崎豊子さん一周忌 国民的作家が最後に問うたのは「戦争と平和」 遺作『約束の海』に今、再び注目が集まる

社会

 国民的作家・山崎豊子さんが、2013年9月29日に亡くなられてから、早一年となる。

「秘密保護法」の制定や、「集団的自衛権」の解釈変更に伴う論議の高まりを予言するかのような晩年の二つの小説、『運命の人』『約束の海』に、いま再び、注目が集まっている。

...

記事全文を読む