三浦知良が語る「バッシングとの向き合い方」――アウェーとやじ、女子サッカー

スポーツ

 海外に移籍した日本人サッカー選手について、現地メディアの厳しい評価が伝えられることが多い。イタリア、セリエAのACミランに移籍した本田圭佑選手も、最近の試合でようやく「合格点」を与えられていたが、長い間酷評にさらされていた。

 慣れない土地、チームに移籍したばかりといった事情を、メディアは斟酌してくれない。他人事ながら、気が滅入らないのだろうかと心配になってしまうところだ。

 しかし、こうしたバッシングや批判があってこそプロだ、と断言するのは、47歳にしてなお現役のキング・カズこと三浦知良選手。

...

記事全文を読む