ものを捨てることは過去と向き合うこと/『捨てる女』

食・暮らし

 ものを捨てるというのはこんなにたいへんなことなのか。

 イラストルポライター内澤旬子さんのエッセイ『捨てる女』は格闘のプロセスがとにかくおもしろくていっぱい笑わされるが、最後に粛然とさせられる。

 おもしろいのは彼女の猪突猛進ぶり。乳がんの手術を受けてホルモン治療をしたあたりから、それまでの、あふれる本の隙間に布団を敷いて寝る暮しがとつぜん嫌になり、何も荷物のないがらんとした部屋で生活したくなる。

 離婚して、引っ越しを決意し、そこからは捨てて捨てて捨てまくる。

...

記事全文を読む