ヒクソン・グレイシーをパニックに陥れたある格闘家

スポーツ

■デビュー戦で訪れた敗北の恐怖

 400戦以上無敗の男ヒクソン・グレイシー。そんな彼にもデビュー戦というものは当然あった。
 相手はレイ・ズール。120戦して116勝4分、当時ブラジル最強の男だった。ヒクソンより身長で15cm体重で30kgほど大きく、圧倒的な体格差があった。第一ラウンド、百戦錬磨の怪物にヒクソンは追い込まれていた。インターバルの間、椅子に座り込んだヒクソンはコーナーで待つ父親にこう言ったという。

「お父さん、僕は死にそうに疲れている。

...

記事全文を読む