「藝人」たちに注がれた博士の異常な愛情/『藝人春秋』

写真家のもつ「呪われた眼」/『メモワール―写真家・古屋誠一との二〇年―』

虚飾と真情の間を生きた激動の人生/『レマルク』

夜中のコーヒーとチョコレートみたいな本に【インタビュー】/『さきちゃんたちの夜』よしもとばなな

裏切らない「一級品」 湯谷昇羊/私の名作ブックレビュー【書評】

運慶仏16体増えて、UNK47誕生か? 山本勉×橋本麻里[「運慶ナイト」より]

キッチュなガウディから遠く離れて/『気になるガウディ』

私たち日本人は「地球で一番危険な場所」に住み続けている―地震と噴火は必ず起こる

「地震と噴火は必ず起こる」―大変動列島に住むということ―

「地球のからくり」に挑む/ようこそ、人類史の裏街道へ 大河内直彦

「そうか、もう君はいないのか」――残された夫の孤独感、妻への万感の想い