「親ガチャ」に外れても総理大臣にまで出世した男が信じ込んでいた「魔法の言葉」とは?

国内 社会

  • ブックマーク

 日本銀行総裁や総理大臣を歴任した傑人・高橋是清(1853~1936)。絵師の私生児として生まれ、足軽の家に里子に出されるなど、「親ガチャ」に恵まれたとは決していえない境遇だったが、ある「魔法の言葉」を信じ込んだおかげで、楽天的な性格を身に付けたという。...

記事全文を読む

Advertisement

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。