【名人戦】AI全盛の時代に…藤井聡太八冠がタイトル戦で初めて使った「古典的戦法」とは

国内 社会

  • ブックマーク

 将棋の名人戦七番勝負(主催・毎日新聞社、朝日新聞社)の第3局が5月8、9日の両日、羽田空港第一ターミナル(東京都大田区)の大会議室で開催され、先手の藤井聡太八冠(21)が挑戦者の豊島将之九段(34)を95手で破り、3連勝した。名人奪還を目指す豊島はカド番に追い込まれた。【粟野仁雄/ジャーナリスト】...

記事全文を読む

Advertisement

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。