イノベーションを起こせない企業、資金力のないメディア…巨大プラットフォーマーを前に日本が直面する「恐ろしすぎる社会」

ビジネス 企業・業界

  • ブックマーク

 日本ではなぜリバタリアニズム(自由原理主義)をはじめとする“自由”が恐れられているのか。新刊『テクノ・リバタリアン』(文春新書)を上梓した作家の橘玲氏に訊くと、その背後にある日本特有の社会構造を指摘する。巨大プラットフォーマーによるテクノロジーの波に日本社会と企業はどう変化していくのか。(前後編のうち後編)

 ***...

記事全文を読む

Advertisement

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。