新「ヤン坊マー坊」、9代目弟は“eスポーツ好き” 天気予報なき現在に浸透なるか

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

 ヤンマーの企業キャラクターが史上最大ともいえる変貌を遂げた9代目の「ヤン坊マー坊」が誕生した。かつてはテレビの「天気予報」で全国的に親しまれていた、2頭身の姿がおなじみだったが、彼らはなぜ、こんな姿に生まれ変わったのか。

「新しくなったの?」
「知ってるのと違う」
「これはこれでいい」
「もはや誰?」

 3案からの投票で9代目が決定、発表されたのは1月30日。その投票を募っている時点から決定後に至るまで、SNS上では賛否含めたさまざまな声が飛び交っている。

 ヤンマーホールディングス(HD)のブランド部によると社外クリエイター陣ともディスカッションを重ね、当初は10数案あったものから「かわいらしさや坊ちゃん感を残したA案から、これまでと最も対極的なC案まで」の3案に絞り、投票を受け付けた。決定した9代目キャラクターは計約7万7000票のうち約3分の2を獲得する、圧倒的な支持を得た。

初代は1959年

 ヤン坊マー坊の誕生は1959年にさかのぼる。農機などの産業機械メーカーであるヤンマーが「農家や漁師の方に役立つ情報を届けたい」と始めた「ヤン坊マー坊天気予報」がきっかけだ。初代こそスリムな2人だったが、64年の2代目以降は2頭身に近い丸っこい姿が定着。表情などが変わりながら7代にわたる変遷を遂げ、元号が令和となった2019年、初のCGアニメによる8代目が誕生。だがこの8代目もそれまでを踏襲したようなデザインでのCGだった。

 それだけに今回、誕生した9代目には当初、SNSなどで戸惑いも含めたさまざまな声が上がるのも無理からぬことだったか。ただし、2人が双子の兄弟でヤン坊が兄、マー坊が弟という基本設定は変わらぬまま。性格設定に関しては、従来はテレビゲームやラジコンが好きだったとされていたマー坊は今回、「eスポーツ好き」となり、ヤン坊の好きな食べ物が「カレーライス」となるなど、時代に応じて少しずつ変化しているという。

 ヤン坊マー坊になじみが深い世代かどうかは、2014年を境に大きく分かれそうだ。

「多くの人に親しまれた『ヤン坊マー坊天気予報』が終わったのがこの年」とブランド部は説明し、9代目キャラクターの投票受け付けに際し、天気予報に親しんでいた世代からは「今までのキャラクターと変わることで寂しいなど惜しむ声が多かったことも承知しています」という。

 とはいえ、「世の中の流れが大きく変わっており、(以前のキャラクターへの)応援に感謝しつつも、新たなところにチャレンジした」とキャラクター変更について説明。「心を動かし、未来を動かす」キャラクターとして、同社が目指す「サステナブル・フューチャー」(持続可能な未来)のアンバサダーを9代目に託すのだという。

次ページ:「ヤンマーを知らなくても…」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。