西行は待賢門院璋子と「一夜の契り」を交わしたのか――日本文学史最大の謎を追う

国内 社会

  • ブックマーク

 西行といえば、23歳の若さで出家して、一途に和歌の道を追い求めた天才歌人。その清廉な生き方は、これまで多くの日本人を惹きつけてきた。...

記事全文を読む

Advertisement