支持率リードで増す「もしトラ」の現実味 バイデン大統領の再選を阻む“最大要因”は何か

国際

  • ブックマーク

軒並み好調な米国の経済指標

 米商務省が1月25日に発表した昨年第4四半期の実質国内総生産(GDP、速報値、年率換算)は前期比3.3%増となり、市場の予想(約2%)を大きく上回った。

 GDPの7割を占める個人消費が2.8%増と堅調に推移したことで、「米国経済がリセッション(景気後退)入りする」との心配は和らいだ。...

記事全文を読む

Advertisement