「電話をかけたのは実は岸田首相から」情報戦に勝利した麻生副総理の皮算用

国内 政治

  • ブックマーク

Advertisement

派閥ラブの影響力

 まさにキングメーカーの面目躍如といったところなのだろうか。

「派閥ラブな麻生氏としては首相の方針に賛成しがたい中で、自身の存在感を示すにあたっては、首相に対して“強く厳しく言える自分”を演出する必要があったのかもしれません。実際、派閥解消を表明した後の内閣支持率が上昇傾向ではないことなどを踏まえれば、派閥ラブな信念を貫いたという意味で麻生氏を評価する声もあるようです」(同)

 情報戦はともかくとして、「岸田・麻生」の関係は現在どういう状況なのか。

「その後に2人で食事したくらいですし、完全に冷え切っているということはないようです。これまでと変わらず茂木氏と共に岸田政権を支えるということになるでしょう」(同)

 岸田首相は9月の総裁選再選を狙っているが、出馬の際に「麻生派」からも支援を受けることが前提になるようだ。しかし、派閥解消を率先して訴えた立場の人物が派閥にサポートされること自体、具合が悪そうに見える。国民にとっても極めてわかりにくい構図になるだろう。

 何をやっても上昇気流に乗れない岸田政権の惨状については、【関連記事】〈官邸にいるのにわざわざ防災服を着ていた岸田首相 新年会でもそのまま挨拶…かつて「わざとらしい」と言って防災服を拒否した首相がいた〉にも詳しい。

デイリー新潮編集部

前へ 1 2 次へ

[2/2ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。