NHK「ニュースウオッチ9」が大幅リニューアルを検討 残りそうな人と詰め腹を切らされそうな人とは?

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

井上あさひ、桑子真帆、和久田麻由子の各アナら…

 NHKの「ニュースウオッチ9」が大幅なリニューアルを検討中なのだという。背景には何があったのか?

 ニュースウオッチ9は、平日夜9時から1時間放送されるNHKの看板番組。この枠に登場してきたメインキャスターをあげてみると、大越健介、井上あさひ、河野憲治、鈴木奈穂子、有馬嘉男、桑子真帆、和久田麻由子……の各氏といずれもエース格だ。

「現在テレ朝の報道ステーションのメインキャスターを務める大越氏や有馬氏のストレートな物言いが話題になり、それが時の政権に睨まれ、退任に追い込まれたのでは? というのはしばしば局内で語られたことです」

 と、NHKのある局員。

 経済部出身の有馬氏がヨーロッパ総局に転じた後、国際部出身で元ワシントン支局長の田中正良氏が2021年春に就任。和久田アナとコンビを組み、その後、和久田アナが2022年春に山内泉アナに交代する際に青井実アナが加わり、山内アナが今年春から林田理沙アナにバトンタッチしている。

キャスター変更の背景

「NHKでは例年、年末が近づいてくると来年度以降のニュースキャスターのキャスティングをどうするかを検討する会議が開かれます。かつては朝と夜の看板番組をそれぞれ担当していた桑子アナと和久田アナをシャッフルするなど、話題を呼んできました。今回はそこで、ニュースウオッチ9のキャスター変更が俎上にあがっているということです」(同)

 田中キャスターは来春で3年を迎えることから交代もさもありなんというところだが、青井アナは2年、林田アナに至ってはまだ1年だ。変更の理由はどういったところなのだろうか。

「視聴率の低下とBPO(放送倫理・番組向上機構)問題です。視聴率は長期低落傾向でかつては記録していた2ケタがはるか向こうに遠のいています。原因を仮に1つあげるとしたらキャスターのことがあります。先ほどお伝えしたように大越・有馬の両氏はそれぞれの考えをハッキリ打ちだすタイプで、政権側から“小言”のようなものが伝わってきたこともあるそうです。それを踏まえ、後継には両氏の真逆のタイプを選ぼうということになって田中キャスターに白羽の矢が立ったのですが、ともすると地味な本人のキャラクターと番組とがうまくかみ合わなかったということはあるでしょう」(同)

次ページ:交代がほぼ決まっている

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]