【池田大作の履歴書】かつては高利貸しの営業部長だった…神格化のために行われた大袈裟な演出とは

国内 社会

  • ブックマーク

 11月15日、老衰のため95歳で死去した創価学会の池田大作名誉会長とは、いかなる人物だったのか……。「週刊新潮」は2003年11月6日号より8回にわたり「新『創価学会』を斬る」という特集を組んだ。筆者でジャーナリストの山田直樹氏は、この連載で第10回・編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞の大賞を受賞。中でも第7回「『高利貸しの営業部長』だった 『池田大作』の知られざる屈折人生」(03年12月18日号)は、触れられたくない過去について論じている。註・年齢や肩書きなどは掲載当時のままとする。...

記事全文を読む

Advertisement