「豚肉輸入事業への投資に失敗して144億円が回収不能に」 サントリー新浪社長はローソン子会社の「巨額不正流用」を本当に知らなかったのか? 「逮捕された直属の部下は投資について新浪さんに相談していた」

国内 社会

  • ブックマーク

特捜部に逮捕され懲役8年の実刑

 サントリーHD社長にして経済同友会代表幹事の新浪剛史氏(64)。日本財界のリーダーである彼の資質を問う数々の記事を「週刊新潮」は報じてきた。凄絶なパワハラ、ハワイ豪華コンドミニアム私物化疑惑、そして女性トラブル……。そこに新たな疑惑が加わった。今回判明したのは、東京地検特捜部が捜査し実刑判決まで出た、巨額不正流用事件と新浪氏との“関わり”である。さる関係者が「週刊新潮」の取材に重大な証言をしたのだ。首謀者である彼の直属の部下が、不正発覚前に新浪氏にある“相談”をしていたと――。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。