90歳「黒柳徹子」が民放特番を行脚で話題…そして「NHK紅白」にも出演する胸の内

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 女優でタレントの黒柳徹子(90)が、今年の「NHK紅白歌合戦」に出演するという。このところ彼女は、民放の特番に立て続けに出演している。NHKも含めグランドスラム達成といったところか。一体、何があったのか。

 ***

 民放の特番行脚は以下の通り。

●6月17日「大キョコロヒー」(テレビ朝日)※「キョコロヒー」のゴールデン特番
●7月13日「VS魂グラデーション 3時間SP」(フジテレビ)
●10月25日「1周回って知らない話 2時間SP」(日本テレビ)
●11月10日「中居正広の金曜日のスマイルたちへ 2時間SP」(TBS)

 テレビ東京は入っていないものの、東京キー局は制したと言っていい。しかも、放送48年目に突入した「徹子の部屋」(テレ朝)と、レギュラー解答者である「世界・ふしぎ発見!」(TBS)への出演を続けながらだ。民放プロデューサーは言う。

「1953年2月1日に日本でテレビ放送が始まった初日から出演し、以来70年間、テレビに出続けている業界の最年長にして大御所の黒柳さんですから、テレビ放送70年の節目ということもあるのでしょう。それにしても、『1周回って』の《芸歴70年の黒柳徹子と忖度なしでぶっちゃけますSP》が放送された15日後に『金スマ』の《君たちは本当の黒柳徹子を知らない2時間SP》と2つとも似たような企画で、『金スマ』を見た視聴者の中には、この前見たばっかりと驚いた人もいたと思います」

 自身のトーク番組「徹子の部屋」には毎日出演しているので、他のトーク番組に出てもそれほど話すことはないのではないかと思ったら……。

ジャニーズへの思い

「『1周回って』では日テレには映像がない『ザ・ベストテン』(TBS)の秘話を田原俊彦を引き連れて語りまくり、『金スマ』では気心の知れた中居正広を相手に、『ベストテン』の秘話はもちろん、往年の恋バナまで飛び出すサービスぶりでした。視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区・世帯)は、『1周回って』が10・4%、『金スマ』が9・5%となかなかの数字で、『ベストテン』で41・9%を記録した“視聴率女王”の貫禄を見せつけていました」

 田原も中居も元ジャニーズだ。

「『VS魂』のMCは相葉雅紀、特番ではないものの4月に出演した『ニノさん』(日テレ)のMCは二宮和也と、こちらは現役ジャニーズです。相葉とはババ抜き、二宮とはあっち向いてホイをやっていました。彼女が長年親交を結んでいたジャニー喜多川氏(1931〜2019)もこの世を去り、今になって性加害問題が批判されていることに心を痛めているのかもしれません。彼女なりの考えを態度で示したのでしょう」

 それにしても、ここまで出演が続くのは珍しいという。

「お歳がお歳だけに、ゆっくりしていていいと思いますが、それだけに特番行脚には何か思うところがあるのではないかと考えてしまいます」

次ページ:人生の総仕上げ?

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]