貴乃花が知人に送った〈わたしはかたぎの血筋じゃない〉との“脅迫メール” なぜ恩人を裏切り続けるのか?

エンタメ

  • ブックマーク

Advertisement

芸能マネジメント会社に一通のメールが

 大相撲の元横綱・貴乃花こと花田光司氏(51)が、一般女性(52)と8月29日に再婚したことを「週刊文春」(10月5日号)で公表。だが、大横綱はその裏で再婚相手の息子を巻き込んで“独立騒動”を起こしていた。なぜ貴乃花は恩人を裏切るようなことばかりを繰り返すのか――。

 ***

 貴乃花と数年来親交を結んできた、さる芸能事務所関係者が言う。

「貴乃花の再婚相手は、かつてJリーグのヴェルディ川崎(当時)で活躍し、2018年11月に亡くなった藤川孝幸さんの元妻です。その息子の藤川誠人氏(26)が9月末、突然、貴乃花が業務提携していた芸能マネジメント会社Megu Entertainment(以下、メグ)に一通のメールを送り付けてきたのです」

 それは今後、貴乃花の仕事に関する窓口は藤川氏に一本化されることになったとの一方的な通告だった。

「藤川氏はそのメールの中で『貴乃花事務所』の“所長”と名乗ったうえ、メグ側が貴乃花のために取り交わした企業広告の契約書の送付を求めてきたといいます。さらに来年1月末までメグとの間に業務委託契約が続いているにもかかわらず、肖像権の問題が生じるとして、メグのHPのトップページと所属タレント欄から貴乃花の画像や記載を削除するよう要求したのです」(同)

「権利ビジネスをかっさらおうとしているのは間違いない」

 スポンサー企業をも巻き込んだ独立騒動のキーマン・藤川氏について、同関係者が次のように明かす。

「藤川氏は桐蔭学園から慶應大学に進学したものの、目指していたプロサッカー選手にはなれず、最近はサッカー日本代表の板倉滉選手のマネジメントを担当していると周囲に喧伝していました。ですが、本当にその仕事だけで生計を立てられていたのか。いずれにしても、母親の再婚という絶好の機会を捉えて、彼が貴乃花にまつわる権利ビジネスをかっさらおうとしているのは間違いありません」

 続けてこうも言う。

「メグは今さら貴乃花を引き留めるつもりはないものの、業務提携の契約自体は残っている。藤川氏と協議した結果、HPの画像などについては、契約が切れる来年1月末まで残すことで合意したようです」(同)

次ページ:〈わたしはかたぎの血筋じゃないので〉

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]