儒教の本場・中国で「孔子を徹底批判した男」がたどった恐ろしい末路とは?

国際 中国

  • ブックマーク

 孔子を始祖とする儒教は、中国で2000年以上にわたり強い影響力を持ってきた。毛沢東時代には封建主義の象徴として何度か儒教批判が巻き起こるものの、今では共産党の権威主義体制を正当化する「体制教学」として復権するなど、中国社会に深く根付いている。...

記事全文を読む

Advertisement