ゼレンスキー大統領は「F16」よりスウェーデン製「グリペン」を欲しがっている 無名の戦闘機を必要とする特殊事情とは

国際

  • ブックマーク

Advertisement

 今、グリペンという戦闘機が大きな注目を集めていることをご存知だろうか。軍事マニアならともかく、多くの人は初耳に違いない。正式名称は「サーブ 39 グリペン」で、初飛行は1988年。スウェーデンのサーブ社を中心に開発された多用途戦闘機だ。評価が高いため、スウェーデンだけでなくブラジルやタイなどの空軍も採用している。

 ***

 8月20日、ロイター(日本語版)が「ウクライナ、スウェーデン戦闘機供与巡る協議開始 両国首脳が会談」との記事を配信した。

 その中で《ウクライナの防空強化に向けたスウェーデン製戦闘機「グリペン」供与に関する協議を開始した》と伝えたのが事の発端だ。担当記者が言う。

「ウクライナのゼレンスキー大統領は8月19日にスウェーデンを訪問し、クリステション首相と会談しました。その後に会見が開かれ、『ウクライナがグリペン戦闘機の供与を受けられるかどうか協議を開始した』と明らかにしたのです。背景にはウクライナとロシアの戦線で両軍とも航空優位を取れていないという状況があります」

 最新の報道によると、ゼレンスキー大統領の要望は拒否されたようだ。産経新聞(電子版)は22日、「戦闘機『グリペン』のウクライナ供与否定 スウェーデン 将来には含み」との記事を配信。イギリスの高級紙ガーディアンの報道を引用し、クリステション首相が《「グリペン」を現時点で供与する予定はない》ことを明らかにしたと伝えた。

ロシア空軍の謎

 ウクライナは空軍が弱いことで知られているが、これは1990年代に国内経済が劣悪だった影響が大きいようだ。

 空軍の整備には相応の軍事費が必要だが、当時は予算が枯渇し、それどころではなかった。軍用機の配備は後手に回り、2022年2月にロシア軍がウクライナに侵攻した際も、戦闘機ではなくドローンで反撃するなど空中戦では苦戦を強いられた。担当記者が言う。

「今年6月からウクライナ軍は反転攻勢に出ました。NATO(北大西洋条約機構)加盟国から供与された戦車を中心に部隊を編成し、領土奪還を目指して進軍を開始したのです。ところが、ロシア軍は対戦車障害物や地雷を敷き詰めた強固な防衛網を構築していました。航空支援が乏しかったためウクライナ軍は相当な被害を出したと推測されており、現在は虎の子の戦車を失わないよう地雷除去を最優先にしている模様です」

 ところが、以前からロシア空軍の動きも鈍く、これには専門家もずっと首を傾げている。何しろアメリカに次ぐ「世界第2位の空軍大国」と評されていたのだ。軍事ジャーナリストが言う。

「なぜロシア空軍は存在感を示せないのか、様々な分析や憶測が流れました。その中の一つに『ロシア空軍はプーチン大統領から距離を置いている』というものがあります。軍事パレードで空軍の機体が極端に少なかったことや、8月に空軍のセルゲイ・スロヴィキン総司令官が解任された際、『民間軍事会社ワグネルと深い関係があった』と報じられたことなどが根拠です」

次ページ:スウェーデンの歴史

前へ 1 2 3 次へ

[1/3ページ]