「名前が思い出せない…」認知症の“一歩手前”にならないために、まだ間に合う予防の5カ条

ドクター新潮 ライフ

  • ブックマーク

「認知症に罹患すると運命が変わる」

 長年付き合っている親しい友人の名前が思い出せない。就寝前に外した眼鏡の置き場所を、朝になると忘れてしまう。「あれ、何番だっけ?」と、ATMの暗証番号が記憶から消える――。こうした物忘れが増えている人は、認知症の一歩手前となる“グレーゾーン”の「MCI」(Mild Cognitive Impairment、軽度認知障害)と診断されるケースがある。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。