【VIVANT・最終回】今年最大のヒットドラマなのに「続編は白紙」のワケ

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 今年最大のヒットドラマとなったTBS「日曜劇場 VIVANT」(日曜午後9時)が最終回を迎える。あまりの人気に早くも「続編決定」との声まで上がっているが、残念ながら何も決まっていない。ここまで愛されたのはどうしてか。そのファイナルアンサーをお届けしたい。

「この顔ぶれを再び同じ時期に集めるのは至難」

「VIVANT」の続編は大歓迎されるに違いないが、TBSコンテンツ制作局ドラマ制作部の1人は取材に対し、こう答えた。

「続編については全く白紙です。何も決まっていません。現在は(このドラマを)配信動画で流したり、海外で販売したりして、2次利用収入を得る作業をしているところ」(TBSドラマ制作部関係者)

 制作現場の中からは「続編をやりたい」という声も出ているそうだが、決定にはテレビ局の司令塔である編成局のゴーサインが不可欠。スポンサーとの窓口である営業局との協議も必須となる。

 出演陣の都合もある。続編をやるとなったら、自衛隊の秘密諜報部隊・別班の一員である主人公・乃木憂助役の堺雅人(49)、その父親でテロ組織・テントのリーダーであるノゴーン・ベキこと乃木卓役の役所広司(67)、警視庁公安部・野崎守役の阿部寛(59)らを再び集めなくてはならない。

「この顔ぶれを再び同じ時期に集めるのは至難でしょう」(同・TBSドラマ制作部関係者)

 主要人物役の1人として出演した俳優が所属する芸能事務所のマネージャーにも尋ねてみたが「何も聞いていない」そうだ。

 今回の場合、上級執行役員の福澤克雄監督(59)が年明けに定年を迎えるため、縁が深い豪華俳優陣が馳せ参じた。福澤監督は定年後もTBSに嘱託などの形で残り、ドラマを撮り続けることになるようだが、続編をつくるとなると事情が違ってくる。

 制作費の問題もある。今回はTBSと資本関係がある会員制有料配信動画サービス「U-NEXT」での配信が決まっていたことなどから、1話当たり約1億円の制作費を拠出できた。続編で再び巨額が出せるかどうかは未知数。

 豪華出演陣と同様、これだけの制作費も容易には出せない。ちなみに通常の「日曜劇場」の制作費は1話当たり約4000万円で、そのほかの民放1時間ドラマは約3000万円である。

 先のことは忘れ、「VIVANT」の最終回を楽しみたい。観る側を強く惹き付けた理由を分析したい。

次ページ:観る側の好奇心を掻き立てた「別班」の存在

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。