【VIVANT】ドラムはなぜしゃべらない? 異例の翻訳アプリを使うことになったウラ事情

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 豪華キャストが話題の日曜劇場「VIVANT」(TBS)で、人気俳優を差し置いて存在感を放つ新人俳優がいる。警視庁公安部の捜査官・野崎(阿部寛)のあらゆる要望に応える優秀な男・ドラムを演じる富栄ドラム(とみさかえ・どらむ[31])だ。

 ***...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。