ジャニーズ「東山新体制」を待ち受ける難題 補償金の総額は10億円 消えた社長候補の名前は

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

 藤島ジュリー景子氏(57)がジャニーズ事務所の社長を退任し、東山紀之(56)が新社長に就いた。東山の目の前には問題が山積み。創業者・ジャニー喜多川氏(2019年に87歳で死去)による性加害行為の補償問題、所属タレントのCM契約に企業側が躊躇している問題、新たな退所者が出そうな問題――その上、ジュリー氏が代表権付きの役員として留まることから、社内の権力構図は変わらないと見られる。...

記事全文を読む

メールアドレス

利用規約を必ず確認の上、登録ボタンを押してください。