京都・横浜市で売却額が2億円超え 「1円入札」横行の“黒歴史”もあった「残骨灰」が儲かる理由

国内 社会

  • ブックマーク

 残骨灰とは、火葬後に遺族が拾骨したあとに残った焼骨や灰などを指す。そのなかには金歯や棺の釘などの貴金属が含まれ、それを売って驚きの「収入」を上げる自治体が増えているという。一部の業者から「宝の山」と評される残骨灰に秘められた価値とは?

 ***...

記事全文を読む

Advertisement