愛子さまと“新たな交流”が始まった二人の兄弟とは 「旧宮家」の好青年の素顔

国内 社会

  • ブックマーク

Advertisement

取り沙汰される賀陽家の皇籍復帰

 政府の有識者会議がまとめた安定的な皇位継承策が、国会に提示されたのは昨年1月。が、「喫緊の課題」であるにもかかわらず、今に至るまで議論は遅々として進んでいない。そんな折、愛子さまに“新たなご縁”が……と周囲が見る人物として浮上したのは――。

 ***

 あらためて振り返ると、有識者会議は一昨年末に「女性皇族が結婚後も皇室に残る」「旧皇族の男系男子が養子として皇籍復帰する」との2案をまとめ、年明けには国会へと報告していた。それから1年余りが経ったが、女性・女系天皇に関する議論を巡って各党間で大きな相違がみられることもあり、棚ざらしになっている格好だ。

 上の「皇籍復帰案」は、1947年にGHQの意向を受けて皇籍離脱した11宮家51人、すなわち旧皇族の末裔にあたる未婚の男系男子を、養子として皇室に迎え入れるという案だが、その臣籍降下した11宮家の中で、ひときわ注目を集めているのが1900年に創設された「賀陽(かや)家」(旧・賀陽宮家)である。現当主・賀陽正憲氏(63)は学習院初等科以来の天皇陛下のご学友で、かつては紀宮さま(黒田清子さん)のお相手として取り沙汰されたこともある人物だ。

「将来もし愛子さまのお相手になるようなことがあっても……」

 正憲氏は天皇陛下の学習院初等科以来のご学友として知られるが、

「陛下と正憲氏という“お父上同士”にとどまらず、最近では“新たなご縁”が始まっているのです」(皇室ジャーナリスト)

 というのだ。

「正憲氏には、現在27歳と25歳になるご子息がいます。ともに学習院高校を経て、お兄さんは早大政経学部、弟さんは同理工学部を卒業しました。これまで新年祝賀の折など、ご学友として陛下にお目にかかる際に、お子さん方も連れて行ったことがあったのです」(同)

 陛下だけでなく、時には雅子さまや愛子さまもご同席なさることがあり、

「そうした機会がきっかけで、賀陽家の兄弟は愛子さまとの交流が始まったと聞いています。とりわけ弟さんは愛子さまと4歳しか違わず、年代が近いこともあってことのほかお話が盛り上がり、最近も御所で面会していたというのです」(同)

 兄弟と対面したことのある賀陽家の親族によれば、

「ちょうど年も釣り合うので、将来もし愛子さまのお相手になるようなことがあっても恥ずかしくないのではと思います」(同)

次ページ:「皇室に復帰する可能性があることを肝に銘じて過ごしてきた」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]