「青木功会長が泣き出してしまい…」日本ゴルフツアー機構で“クーデター”が 資産4千億円の大富豪副会長と対立

スポーツ

  • ブックマーク

“三木さんが辞めないなら自分が辞める”

 2016年から日本ゴルフツアー機構(JGTO)の会長を務める、青木功氏(80)。就任以来、男子ゴルフ界の立て直しを行ってきた“救世主”ともいえる存在だが、副会長を務める「ABCマート」創業者によるクーデターが……。青木会長は周囲に辞任を示唆しているという。

 ***

 男子ゴルフ界の有力スポンサーである「平和」会長の石原昌幸氏が明かす。

「この間、青木会長と電話で話していたら“僕はみんなに支えられながらやってきたけど、もうこれ以上は無理だよ……”と泣き出してしまったんです。“世界の青木が何言ってんのよ”と励ましたんですが、ご本人は相当心労がたまっているんだろうと思いますよ」

 その原因は、副会長である三木正浩氏(67)にあるという。

「JGTOでは昨年来、会長の青木さんと、副会長の『ABCマート』創業者・三木さんの対立が深まっていました」

 と解説するのは、JGTOの内情に詳しい、さるベテランゴルフ記者である。三木氏は、一代で靴の小売大手「ABCマート」を築いた新興財界人で、資産4千億円を超える大富豪としても知られる。

「二人の関係は今やもう修復不可能で、人を介さないと会話ができないほど。青木さんは周囲に“三木さんとはもう一緒にできない”“三木さんが辞めないなら自分が辞める”とこぼしています」(同)

 異変があったのは昨年1月、谷原秀人選手が選手会の会長に就任してからだという。谷原氏は三木氏を理事に入れ、副会長に就任させるよう強引に要求。同年3月、実際に三木氏は副会長に就任した。

「副会長になるや、三木さんはJGTOの運営に批判的な言動を繰り返すようになったんです。それも、理事に直接ではなく、事務局のスタッフや選手に対してです。いわく“青木体制ではダメだ”“自分に仕切らせたらツアーは5試合以上は増える”“俺の言うことを聞かないとクビだぞ”“理事の人数が多すぎる”といった具合に……」(同)

 さらには、専務理事である上田昌孝氏を名指しで誹謗することもあり、青木会長は板挟みの状態になっていたのだ。

次ページ:場合によっては「青木さんは辞める腹積もり」

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]