菅前首相の「アンチ岸田発言連発」の真意は「選挙に弱い議員の受け皿になる」こと

国内 政治

  • ブックマーク

脱派閥という持論

 今年に入って菅義偉前首相は、文藝春秋2月号に「派閥政治と決別せよ」との論考を発表。さらに続けざまに「防衛力強化」や「異次元の少子化対策」について増税でまかなうことに苦言を呈するなど、ある意味で岸田文雄首相への批判とも取れる発言を連発している。そこにどういった狙いがあるのか?...

記事全文を読む