元世界王者・沼田義明が語る「世紀の大逆転KO」の舞台裏 恩師の“呪縛”から逃れた瞬間(小林信也)

  • ブックマーク

 沼田義明は高校をやめ、ブリキ屋を営む父を手伝っていた。16歳の時だ。

「野球選手になりたかったけど、プロで稼ぐには時間がかかるから」、60年前を振り返って、沼田が笑った。...

記事全文を読む