【独占90分】井ノ原快彦・ジャニーズアイランド新社長インタビュー 滝沢、キンプリ…「すべての疑問にお答えします」

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

Advertisement

 昨年9月末、滝沢秀明氏(40)に代わってジャニーズアイランド代表取締役社長に就任した井ノ原快彦(46)が、「デイリー新潮」の独占インタビューに応じた。井ノ原が社長としてメディアの取材を受けるのは初めてのことである。突然の社長交代劇、相次ぐタレントの退所にどう対処したのか。「激動の3カ月間」を振り返ってもらった。

 ***

それ、僕なんですか?

 インタビューは年末、都内某所で行われた。青のスーツ姿で会場に現れ、「なんでも聞いてください」と記者に名刺を差し出した井ノ原。通常、大物タレントは名刺交換をせず、マネージャーが代行するものだ。彼はいまやタレントであると同時に会社の代表なのである。

 まず質問したのは、突然、滝沢氏からバトンタッチするよう言われた日のこと。井ノ原が引き受けたのは「ジャニーズアイランド」の社長職で、ジュニアと呼ばれるデビュー前の若いタレントたちを育成・マネージメントする部門のトップである。そもそも、これまで社長になった自分の姿を想像したことはあったのか。

「一度もないです。ジュリーさん(藤島ジュリーK.ジャニーズ事務所代表取締役社長)から打診された時、『それ、僕なんですか』って何度も聞き返しました。他にもっとすごい人たちがタレントやスタッフにいましたから」

 ジュリー氏からは「あなたしかいない」と重ねて説得されたという。

「ジャニーさん(ジャニー喜多川・前社長)は常日頃から『自分で考えなさい』と言う人でした。だから僕は若い頃から、企画書を提出したり、なんでも会社に提言するのが癖になっていたんです。ジュリーさんに代わった後も、『この仕組みの方が面白くないですか』とよく提案させてもらっていた。そんな会社運営に対する積極的な姿勢を評価していただいてのことでした。あと『ジュニアの気持ちわかるでしょ』とも言われました。僕はデビューするまで下積み時代が7年間と、当時としては長かったんですが、『あなたなら1日も早くデビューしたいジュニアたちの気持ちがわかるはず』と言うのです」

引き継ぎはなかった

 打診があったのは9月中旬。一旦、話を持ち帰ったものの、その日のうちに「やらせてください」と電話で返答した。

「決める時はいつも早いんです。やると決めたらめちゃくちゃワクワクしました。人生って面白いなぁと。小学6年生でジャニーズの門を叩いた時の自分を思い浮かべながら、“お前、社長になっちゃったけど、大丈夫?”って」

 とはいえ、待っていたのは突然のトップ交代という大混乱である。

「滝沢とは26、7年くらいの付き合いですし、『オレ、代わりにやることになったからね』って僕から声をかけました。ただ正直、引き継ぎめいたことがなかったのは事実です。彼はほとんど誰とも話さないまま、出ていってしまったので。でも、後ろ向きなことを言っている時間はありません。ジュニアたちは不安になっていました。彼らの立場になってみれば当然です。突然、滝沢がいなくなって、先輩タレントの僕がやってきて『今日から私が社長です』と言われたって、『あんた、何ができるんですか』って思うでしょう。とにかく、これからの行動でわかってもらうしかなかった」

 だから、この3カ月、仕事の合間を縫ってジュニアたちと面談を重ねに重ねてきたという。

「先日も、関西に行って『Lil かんさい』、『AmBitious』、『Boys be』のメンバーと会ってきたばかりです。稽古場で車座になって『今日あったことを一人ひとり話そう』と呼びかけ、長く話し合いました。最後に連絡先を交換して、『なんかあったらいつでも気軽に連絡しろよ』って」

次ページ:初めて社長として受けたメンバーからの退所の申し出

前へ 1 2 3 4 次へ

[1/4ページ]