ロシア軍の砲弾不足はかなり深刻 かつての仲間はNATOへ寝返り、経済制裁による影響も

国際

  • ブックマーク

 大量の砲弾が消費されているウクライナの戦争では、アメリカとロシアの“我慢比べ”が続いているようだ。まずはロシアから見てみよう。AFP=時事は11月24日、「ロシア軍に『著しい』砲弾不足 米国防長官」の記事を配信した。

 ***...

記事全文を読む