トレードで野球人生が“暗転”…セ・リーグでは全く活躍できなかった3人の名選手

スポーツ 野球

  • ブックマーク

「エースとストッパーの大型トレード」

 今年は、中日・阿部寿樹と楽天・涌井秀章、中日・京田陽太とDeNA・砂田毅樹の交換トレードが成立するなど、例年以上にトレード戦線が活発化している。主力級の選手ともなれば、両リーグで首位打者になった内川聖一(横浜→ソフトバンク→ヤクルト)のようにリーグが変わっても結果を出した選手が多いが、過去にはパ・リーグでは活躍したのにもかかわらず、セ・リーグでは別人のように精彩を欠いた選手がいた。【久保田龍雄/ライター】...

記事全文を読む