筒香嘉智はなぜメジャーで通用しないのか 専門家が指摘する“複数の問題点”

スポーツ 野球

  • ブックマーク

 筒香嘉智(30)は今季もパッとしなかった。8月にパイレーツから自由契約を言い渡され、その後ブルージェイズとマイナー契約を結び、3Aのバイソンズでプレーしていたが、11月10日、自由契約となった。本人は来季もメジャーでのプレーを目指すそうだが、果たしてオファーは来るのだろうか。

 ***

速球に差し込まれる

 筒香がアメリカに渡ったのは、2020年。ポスティングシステムでレイズに入団した。

「開幕戦となった7月24日のブルージェイズ戦は、今も鮮明に覚えています。筒香は3番・三塁手で先発出場しました」

 と解説するのは、メジャー評論家の友成那智氏。

「ブルージェイズのエースだった柳賢振から、メジャー初安打となるツーランホームランを打ちましたからね。当時、柳は超一流のカーブを投げるメジャーでも10指に入る投手でしたが、筒香は簡単にスタンドに持って行った。これで一気に評価が高まりました」

 ところが、その後が続かなかった。

「横浜時代からそうでしたが、彼は器用なバッターではありません。フルスイングした時、振りが大きくなってしまい、本来のスイングができなくなるのです。日本にいた頃から変化球には対応できますが、150キロ以上の速球でインサイドに入ってきた球に差し込まれるケースが多かった。メジャーは平均球速が日本より5キロ速いので、さらにタイミングが合わなくなりました。その弱点が知られてしまい、みな速いストレートを投げてくるようになったのです」

 さらに、右へ引っ張るクセも露呈した。

「筒香が打席に立つと、メジャーのチームは右方向へ極端なシフトを敷くので、ヒット性の打球も捕球されました」

 結局、メジャー1年目は打率1割9分7厘、ホームラン8本と結果を残せなかった。2021年も開幕から不振で、5月にドジャーズに移籍したが結果がでず、6月に3Aへ。

「ドジャーズの3Aでは、速球にも対応できるようにバッティングを改良し、ホームランも打てるようになったのです。それを見たパイレーツが8月、メジャー契約を交わしました。8月からの2カ月間は、打率2割6分8厘、ホームラン8本、打点25と結果を残しました」

次ページ:守備にも問題

前へ 1 2 次へ

[1/2ページ]