長澤まさみ主演「エルピス」にもつながる冤罪を生む素地 記憶捏造説を裏付ける「ショッピングセンターの迷子記憶実験」とは?

エンタメ 芸能

  • ブックマーク

記憶は作り変えられやすい

 長澤まさみがアナウンサー役を好演する社会派ドラマ「エルピス―希望、あるいは災い―」(フジ系、月22時~)は、死刑囚の冤罪事件をテーマとしている。目下、冤罪を晴らすべく動き回る長澤演じるアナウンサーは、ある「目撃証言」に迫っていくのだが……。
 
 冤罪の要因は複数ある。捜査当局の思い込み、決めつけ、証拠の捏造、そして間違った証言等々。証言者に悪意がなくても、証言そのものは虚偽、というケースもある。...

記事全文を読む