【梨泰院の惨劇】「400kgの荷重」と「人間の粒子化」という群衆雪崩のメカニズムを東大教授が解説

国内 社会

  • ブックマーク

 10月29日の夜、韓国の繁華街・梨泰院(イテウォン)の路地で156人が圧死する雑踏事故が発生した。「群衆雪崩」が起きたものと推測されているが、いったいそれはどのようなものなのか。

 この一件について、多くのニュース番組で解説を求められているのが、東京大学先端科学技術研究センター教授で、群衆雪崩や渋滞のメカニズムを研究している西成活裕さんだ。...

記事全文を読む