森友哉、巨人“FA移籍”に球団内部から反対論…「オリックスに行くほうが、良さが生きる」との指摘も

スポーツ 野球

  • ブックマーク

希少価値の高い27歳の“打てる捕手”

 ドラフト会議が終わり、プロ野球のストーブリーグはここから本格的に動き出す時期となった。フリーエージェント(FA)に関しては、ここ数年移籍する選手が少なく、今年も、広島・野間峻祥と西川龍馬、西武・外崎修汰、中日・松葉貴大、阪神・岩崎優らが早くも残留を表明している。その一方で、“目玉選手”がFA移籍を表明する可能性は大いにある。なかでも、注目されているのは、西武の“打てる捕手”森友哉だ。【西尾典文/野球ライター】...

記事全文を読む