「外国人なら200万円で」スイス“自殺ほう助”の実態 現地では驚かれなかったゴダールの死

エンタメ

  • ブックマーク

 作品同様、最後の最後まで世に難解な問いかけをし続けた人生であった。この13日に没したフランス映画の巨匠、ジャン・リュック・ゴダール。「気狂いピエロ」などの作品で知られる彼が選んだのは、自殺ほう助による死だった。

 ***...

記事全文を読む