熊野正士議員のセクハラ行為、公明党のウソを暴く「証拠LINE」 「議員を辞めないといけないかもしれません」

国内 政治

  • ブックマーク

 まさに逆ギレである。本誌(「週刊新潮」)が報じた、熊野正士(せいし)・参院議員(57)のセクハラと公明党幹部による「口封じ」疑惑。真摯に反省するのが筋だが、彼らの出した答えは「提訴」であった。本当に山口那津男代表らはセクハラを把握していなかったのか。そのうそを暴く証拠がある。

 ***...

記事全文を読む