木原官房副長官、「統一教会との関係」“虚偽報告”の裏側 「記憶にないなあ」から一転

国内 政治

  • ブックマーク

「記憶にないなあ」

 9月12日深夜、木原誠二官房副長官(52)は、統一教会関連団体主催のシンポジウムに2016年12月に参加していたとのコメントを発表。コメントの中で木原氏は、外部からの指摘によって会合への出席の記憶が「呼び覚まされた」と説明したが、この「外部の指摘」とは本誌(「週刊新潮」)による取材を指している。“隠蔽(いんぺい)”に至った裏側とは――。

 ***...

記事全文を読む