GACKTが信奉する「再生医療」の怪しい運営元 役員は「大規模窃盗団」の主犯格だった

ドクター新潮 医療 その他

  • ブックマーク

 昨秋に無期限活動休止を発表し、療養していたというGACKT(49)。が、その行く手はトラブルの山。今回も、治療を受けていた医療機関の関係先に“大規模事件の主犯格”が名を連ねているというのだ。

 ***
...

記事全文を読む