天龍と円楽――病魔と闘う同級生の二人を捉えた歴史的な一枚

スポーツ

  • ブックマーク

 今年1月に脳梗塞を発症、8月に高座復帰したものの、軽度の肺炎から大事をとって入院中の落語家・6代目三遊亭円楽(72)。そして、長年の現役生活で負った体へのダメージから、広範囲にわたる頸髄(けいずい)損傷のため入院した“ミスタープロレス”天龍源一郎(72)。...

記事全文を読む