3.1兆円赤字のソフトバンク、株価急騰の理由は 専門家は爆発的な投資に「さすがに限界」

ビジネス

  • ブックマーク

 1981年、福岡市内でソフトバンクグループの前身となる会社を創業した孫正義氏は、2人の社員を前に「いつか、売り上げも利益も1兆(丁)、2兆(丁)と豆腐屋のように数えられる会社にしたい」と抱負を語ってみせた。呆れた社員たちはさっさと退社してしまったが、それから40年余りの8月8日、孫氏が発表した第1四半期の業績は何と3兆1600億円もの赤字だったのである。2期前の決算では4兆9千億円と日本史上最高の黒字を記録していたのに、この落差はどうしたことか。...

記事全文を読む